思えば叶うは勘違い|引き寄せは感情が原動力!

思えば叶う!考えているだけで願いは叶う!

それが引き寄せの法則だと思っていませんか?

いえいえ、思えば叶うは勘違い。

大きな勘違いですよ。

 

でもでも、思考は現実化しますよ。

なぜなら・・・

 

思考は現実化するの、『思考』とは何か?

 

先日、とあるブログを拝見していて、

「引き寄せの法則なんてない 」という

文章を拝見しました。

 

考えているだけで、

まともな行動もしないで

物事を引き寄せられるなんてありえない。

ネットで検索しても、

「引き寄せなんてできない」

という記事を多く見るし、大体が

そんなものを信じる前に努力しろ!

的な感じの内容でした。

 

でもでも、この、

「引き寄せなんてない 」と思うことは、

実はそう信じてる「引き寄せなんてない」

という状態を結果的に現実化しているのです。

 

だから、引き寄せなんてないは

大きな勘違いなんです。

 

そしてもう一つ

大きな勘違いが起こっているのだなぁ

と気づきました。

 

それは、引き寄せの法則というモノは

「考えてるだけで、

何もしなくても願いが叶うモノ」

と思われているということです。

 

これは、引き寄せ関連の本を読んでも、

とっても勘違いしやすいところです

 

私も、引き寄せを知った当初は、

思いっきり勘違いしてました!!

考えてるだけで、願いが叶うのが引き寄せと。

イヤぁ・・・お恥ずかしい話ですが

本当にそう思ってました。

 

『思考』という文字にも惑わされました。

日本語の『思考』は・・・

「考える」という意味として使われます。

だから、考えるだけでいいのかと思ってました。

 

でも、思考とは、

「思って考える」なんですよね。

つまり、感情がそこにないとダメってこと。

 

そして、行動も伴わないと、

なかなか現実化しないようです。

 

  • 願いにフォーカス

  ↓

  • 考えて感情を揺らす(思考)

  ↓

  • 直感やインスピレーションに従って

  物事を選択し行動する(行動)

  ↓

  • 思考の現実化が始まる。

 

思考の現実化とは・・・

まあ、こんな感じでしょうか。

 

願いにフォーカスして、

叶った状況をリアルに、

ごく当たり前のこととして

イメージできていれば・・・

 

その後の選択&行動が変わって、

徐々に思考の現実化が始まるというわけです。

 

それを選択して行動に移さなければ、引き寄せは成功しない!

 

あなたは「思考は現実化する」と

「引き寄せの法則」は

同じことだと思ってませんか?

いえいえ、これも勘違いの一つなんです。

 

そもそも引き寄せの法則とは、

重力の法則と同じような自然の法則のこと。

ですから、先ほどの「引き寄せんなんてない」

と信じている人にも、そのマイナス感情に従って

引き寄せはずっと起きているんです。

 

そしてマイナスの

選択&行動をすることによって

それが現実化します。

 

つまり、引き寄せの法則

プラスにしろマイナスにしろ

感情を伴う『思考』を発していれば

それが現実化するしない関わらず

自動的に起きる現象のことってわけ。

 

それに対して、思考の現実化とは、

引き寄せによって目の前に訪れる

身の回りの出来事や

直感や偶然目にしたものの中から

何かを「選択」し、

それを「行動」に移すことで

はじめて始まる現象のことなのです。

 

ですから・・・

あなたの願い(思考)は、

引き寄せに伴い、訪れるものの中から

何かを「選択し、行動」しなければ

現実化しない。

 

つまり、「行動」なくして

引き寄せは成功しない!

ということなのです。

 

私がサザエさんの脚本家になれた理由!

 

引き寄せの法則の行動については、

いろんな本をどれだけ読んでも、

理解するのが難しいかもしれません。

 

本当にたくさんの人が勘違いしてるし、

事実私も、その一人でしたしぃ・・・

なのでここで、引き寄せの行動に関して、

わかりやすく例を出して説明しますね。

 

これは、私が本当に体験した

引き寄せのお話です。

 

私は以前、

テレビアニメ「サザエさん」の脚本を

書かせていただいていました。

サザエさんは、私のシナリオデビュー作!

 

しかも脚本は、その前には、

自分が主催する演劇ユニットにおいて

3本の舞台脚本を書いただけの新人作家。

 

しかもシナリオ学校に行ったこともなく

役者をやってたという実績があるだけの

脚本に関しては、ほぼ素人と言われても

しょうがない人でした。

 

そんな私が、

3本目の舞台作品を上演した時

ある制作会社のプロデューサーさんが

観に来てくださっていて、

「一緒に仕事をしませんか 」と

声をかけてくださいました。

 

するとその方が突然、

「夢野さんは、

サザエさんを書くのに向いてると思う」

と言い出しました。

 

私の言動が、サザエさんぽくて

面白いからというのが

その理由で、別にその方に、

私にサザエさんを書かせる

ルートがあったわけでもなく、

単にそう思っただけのことでした。

 

でも、その言葉を聞いた私は、

「サザエさん 書きたい!! 」

と速攻で思ってしまったのです。 

これがまず、「思考」ですね。

 

思考を現実化させるための第一弾である

「思考」がここに誕生しました。

 

元々、家族全員が、

サザエさん大好きの家庭で育ったので、

そのサザエさんの脚本を、

何のキャリアもない私が書くなんて、

 

通常なら「あり得ないとか、ムリとか、

できないとか」思うのかもしれませんが、

その頃の私には、脚本家の世界に関して

何の知識も恐れもなかったので、

ただただ「サザエさん書きたい! 」と

思っただけでした。

 

そして「もしサザエさんが書けたら~」

と、テンション上げっぱなし!!

これが、願いにフォーカスして、

感情をプラスに揺らしている状態です。

その後、ワクワクしながら

私が思ったのはこうでした・・・。

 

私は今まで、2時間余りの

長い舞台脚本しか書いたことがない。

でもサザエさんは10分の短いシナリオだ。

 

2時間と10分では大きく違うし、

そもそもアニメのシナリオって

どうなってるんだろう・・・。

 

このままの状態では、

実際自分がサザエさんのシナリオを

書くことになったら困るから、

ちゃんとわかっておかなくちゃ

という考えでした。

 

そして、その時思いついたのが、

「そうだ! サザエさんをビデオに撮って

1話分をシナリオにしてみよう 」でした。

 

そして私は、早速翌週の

サザエさんをビデオに撮り、

その1話をシナリオに起こしました。

これが、直感に従った「行動」です。 

 

誰に言われたわけでもないのだけど、

願いについて、行動しなくちゃ

あるいは行動したい、という状態です。

 

その後、私は「第2の行動」にでます。

シナリオに起こしただけではダメだなぁ。

やっぱり実際に書いてみなくちゃ、と。

 

またもや誰に言われたわけでもなく、

ただ自分がサザエさんの脚本を、

実際に書くことになった時に困らないよう

やれることはやっておかこう

と思った行動です。

 

それによって、私は完全オリジナルの

サザエさんの脚本を5本書き上げました。

これも、もちろん「行動」ですね。

 

シナリオ起こしから、

5本書くまでにかかった時間は、

ほぼ1週間くらいです。

 

それを、なんとなく

例のプロデューサーに言ったところ、

その人はえらく感心してくれて

その行動を褒めてくれたのですが・・・

 

私としては、

「えっ、そんなに褒められるようなこと! 」

と、ちょっとびっくりしてしまいました。

 

だって、サザエさんを私が書くためには、

当然やらなければならないことだと

思っていたからです。

 

すると事態は、

あっという間に動き出しました。

 

最初にプロデューサーさんから、

「夢野さんはサザエさんを書くのに向いてる」

言われてから約4か月後・・・

 

そのプロデューサーさんが

サザエさんへのルートを探してきてくれて

私は無事サザエさんの脚本家になってました。

 

これが、思考が現実化した状態です。

初めて書いた「父の日のカレーライス」という

脚本が放映された時のテロップです 

 

直感や

インスピレーションに従っての行動

というのは、

とてもわかりにくい表現だと思います。

 

どうしても、直感とか、

インスピレーションとか言われると

雷が落ちてきたような衝撃が体を走り抜ける

とか、直感がピン ときて、「これだ 」と、

神様からの天啓のように感じるとか、

そんなイメージが私には確かにありました。

 

でも、実際にある直感や

インスピレーションというのは、

「単に気になる」くらいの時が多いんです。

 

サザエさんの時は、

あとで自分が困るからやっておこう

という感じだったし、

勢いに乗って行動したい感覚が

訪れる感じかもしれません。

 

妙にやりたくなるとか、

すごく気になるとか、

やらなくちゃ気が済まないとか、

今まで興味がなかったはずなのに、

無性にやってみたくなったとか、

どうしてもそこに行かなくちゃと思うとか、

 

自分がフォーカスした願いに対して、

無性に気になる何かがあった場合は、

それは引き寄せが働いてる状態だと思うな。

 

それから、

一見自分がフォーカスした願いには

関係ないように見えるけど、

なぜか無性にしたくなる行動も、

実は先でつながってる可能性もあるので、

とにかく気になる、やりたくなる、行きたくなる

などの思いに駆られたら、行動してみてください。

 

ただし、その行動を起こせば、

願いは叶うんだろうね!?

というような、

執着にも似た思いで行った行動は、

なかなか現実化に結びつかないかもしれません。

 

行動は、とにかく楽しんでやること。

気になるも、やりたくなるも、

行きたくなるも

全て自分がしたいと思うことなので、

思いの現実化に必要な行動かどうか

その基準は、自分がその行動を

取りたいかどうかかもしれません。

 

無性にしたいと思う行動であれば、

ぜひ楽しんで、

その行動を取ってみてください。

 

現実化への道が、加速すると思いますよ。

 

思えば叶うは勘違い。

引き寄せは感情が原動力!

そして思えば叶う!に

行動は欠かせない!

 

少しは理解してもらえたかな?

今日も最後までお読みいただき、

本当にありがとうございました。

 

夢野さくら

 


あなたの願いを叶えるセッション

潜在意識を読み解くボイジャータロットを使って、あなたの願いを叶える、単発のオリジナルセッション。メニューは全部で5種類。一番人気は、ブロック解除&マインドリセットリーディング。願望達成コーチングの単発版セッション。今すぐ「詳細はこちら」をクリックして、内容を要チェック!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です