【人間関係の悪化?】それは引き寄せの好転反応の1つです。

引き寄せで物事が好転し始めると、

その証拠として現れるのが、好転反応。

 

そして、この好転反応は、

「自分が変わると周りが変わる」

という形で・・・

人間関係の状況の変化にもよく現れる。

 

中には、とても仲の良い友人と、

別にケンカしたわけでもないのに、

急に疎遠になり、それっきりみたいな

「人間関係の悪化」とも疑いたくなる

なんて好転反応も、めっちゃある。

 

今回は、人間関係に出る好転反応のお話。

 

自分が変わると周りが変わる、ハッピーな好転反応の例。

「自分が変わると周りが変わる」

というのは、よく聞く話。

特に、人間関係ではよく聞く。

 

実は、この「周りが変わる」

と思えてしまう点こそが、

「好転反応」なのだけど、

これには、2つの意味がある。

 

1つは、自分が変わると、

周囲の人を見る自分の見方が変わる

という点。

 

これをメカニズム的に、

簡単に説明すると・・・

 

まずは、自分が変わる。

引き寄せの力が働き出す。

すると・・・

 

今まで自分が、

「ない」を見ていたある人の中に

「ある」を見れるようになる。

関連記事:「ある」を見るってどういうこと?

 

すると、

「ある」を見始めたその人の

他の「ある」にも自分の意識が

フォーカスするようになる。

 

すると、

その「ある」の意識は、

自分のRAS(脳のフィルター)を

通るようになるので、

その人が前とは良い意味で、

別人のように思えてくる。

RASとは

網様体賦活系(生物学用語)
英訳・(英)同義/類義語:reticular activating system, RAS

ヒトの中枢神経系を構成する網様体農地で、覚醒状態に関与する部分。

引用元:weblio

 

前とは良い意味で別人に思える

というハッピーな現象が起きるとは

つまり、人間関係の悪化とは程遠い、

正反対の好転反応が起きるということ。

 

でも、実際には・・・

別人のように見違えたその人は、

実は何も変わっていなくて、

変わったのは、その人を見る、

自分の見方だったっていうオチ。

 

これが、

「自分が変わると周りが変わる」

の、1つめの意味。

 

自分が好転すると、

周囲の人を見る自分の見方が変わる。

ハッピーな見方に変わる。

 

しかも、この変化は

好転反応だというのに、

ツラくも苦しくもない。

むしろその反対というお話。

いかがでした?

 

※RASは、願いを叶える上で

脳科学的にも証明された

とても大切な器官!

詳しくは未来脚本に書いてあるので、

ぜひ読んでみてね(^_-)

 

未来脚本 なぜか考えたこと以上の幸せが舞い込む秘密の方法 未来脚本 なぜか考えたこと以上の幸せが舞い込む秘密の方法
Amazon

 

【人間関係に出る好転反応】親しい人との関係が疎遠になる現象

 

さて、好転反応における

「自分が変わると周りが変わる」の

もう1つの意味はというと・・・

 

今まで仲良くしていた人と、

ケンカしたわけでもない。

人間関係が悪化したわけでもない。

なのになぜかふいに・・・

関係が疎遠になっていくというモノ。

これが、人間関係に出る

好転反応の代表的な一例。

 

今まで楽しく、
ずっと一緒にいられた間柄なのに、

 

なぜか一緒にいることが

楽しくなくなったり、

話題がなくなったり、

つまらなくなったりして、

 

段々会う回数が減ったり、

相手から連絡がなくなったりして、

一時的に一人ぼっちになったりする。

こうして仲良しとの人間関係が疎遠になる。

 

こうした人間関係における好転反応が

なぜ起きるかと言うと、

それは自分のいるレベル(あり方)が

変化したという証。

関連記事:現実とは、その人のあり方が引き寄せたもの

 

レベルが変化したと言っても、

上とか下とかじゃなくて、

単に変わったというだけ。

 

例えば、

マンションの1階に住んでいた時には、

1階の住人と仲良くしていた。

 

でも、2階に引っ越したので、

1階の人と顔を合わせる機会が

急に減るような現象。

 

そして、

2階に引っ越したばかりの時は、

2階に知り合いもいないので、

一人ぼっちのような感じがする。

 

でも次第に、

2階での知り合いが増え、

また人間関係が楽しくなってくる。

 

また、1階の住人の誰かが、

2階に引っ越してきてくれれば、

また楽しくやれるけど、

1階の住人がいつ2階に越してくるのかは

その人が決めることなので、

引っ越してくるまでは今のままの関係が続く。

 

これは、好転反応の変化に伴って、

必ずと言っていいほど起こること。

 

なので、一緒にいる時期が、

とりあえず一旦終了したと

考えてみてほしい。

 

一時的には、とてもとても

寂しい思いをするかもしれない。

私もこの好転反応、

「親しい人とふいに疎遠なる経験」を

過去に3度もしたからよくわかる(>_<)

 

それほど親しくない人と

距離が離れるのは別にかまわない。

 

でも親友だと思える人3人と、

3回距離を置く流れがきた時は、

正直モノ凄く寂しかったし、

一度は元の関係に戻りたいって思った。

 

でもそれは、

以前の自分に戻るということなので、

やっぱりそれはイヤだ! と思ったし、

戻れないのも知ってた。

 

一度この世の中の仕組みを

知ってしまったら、

記憶を消してもらわない限り、

知らなかった時にはもう戻れない。

 

でも、この世の仕組みを落とし込み、

自分の人生を、自らの手で、

思いっきり幸せに生きていく力を

手に入れたいと思ったのは自分!

 

だから、人間関係でも

好転反応が起こるのは

仕方ないことだし、

それだけ変わったってことだと

納得している。

 

この世の中には、

 

絶対に変わらない事が、

 

たったひとつだけある。

 

 

それは、

すべては変わり続ける!

ということ。

 

変化し続けることだけが、

不変なことなんだよね(笑)

 

だから、現状維持をし続けて、

自分を幸せにする行動を

全く取らなかったとしても、

やっぱり年は取り続け、変わっていく。

 

今願ってる最高の形を手に入れても、

それを手に入れた途端、

または、手に入れられると確信したら、

すぐに次の願いを考え始めるのが人間。

欲張りなんだよね(笑)

 

だから、付き合う人も、

おのずとどんどん変わっていく。

成長し、変化したらそれが当たり前。

 

逆に考えると、ずっと昔から

付き合う人が変わっていない人は、

ずっと変化していない人ということ?!

 

これは、良いとか悪いとかじゃなくて、

そういうこと、と言うだけ。

 

そして今、周囲の親しかった人と、

どんどん距離ができてしまって、

辛い・・・寂しい・・・

と思っているなら、それはあなたが

大きな変化の流れに乗っているという証。

 

寂しいのはわかる。

楽しかった時を

懐かしくなる気持ちもわかる。

 

でも、流れを止めないでね。

ちゃんとその先には、あなたの

変化にあった人たちが集まり始める。

 

今の状況は好転反応!

今自分は、新しいあり方に変化してるんだ\(^_^)/

と考えて、新しい出逢いに

意識を向けるようにしてみてね。

 

去っていく人、距離が遠ざかる人は、

これからのあなたのあり方には

少々見合わなくなった人。

 

だから何度も言うけど、

それは人間関係の悪化ではなくて

引き寄せの好転反応の1つなんです。

 

だから、

無理に過去の流れを引きずらず、

新しい流れに「ある」を見て、

今を楽しむようにしてみてね(^^)/


あなたの願いを叶えるセッション

潜在意識を読み解くボイジャータロットを使って、あなたの願いを叶える、単発のオリジナルセッション。メニューは全部で5種類。一番人気は、ブロック解除&マインドリセットリーディング。願望達成コーチングの単発版セッション。今すぐ「詳細はこちら」をクリックして、内容を要チェック!!