優しさは愛を、お節介は執着を生む!

私はお節介です(笑)

突然何の告白かと思うでしょ?(^-^;

ごめんなさいm(__)m

 

良くないと思いつつ、

ついついやってしまうのがお節介。

 

でもお節介って、一見優しさに見えるんだよねぇ・・・

それが問題_| ̄|○

 

優しいとお節介は一見似てる

 

あなたのハートをキラキラにさせる

ライフチェンジコンサルタントの夢野さくらです(^^)/

 

優しいとお節介って、

一見とても似ていることがある。

 

困っている人を見て手を差し伸べる。

この行為って優しいにもお節介にもなる。

 

例えば、何らかの冒険の果てに餓死寸前になって、

食べるものを何も持っておらず、

このままだと死んでしまうという人(Aさん)に

パンを差し出す行為。

 

これは親切と言うか優しいと言うか

人間として当たり前と言うか(笑)

そんなことだと思う。

 

たぶんこの時点では、

優しさとお節介に差はないかもしれない。

 

優しさとお節介の違いとは?

 

パンを食べて生き返り、

エネルギーに満ちて元気になった後

どう生きていくのかはAさんの問題になる。

 

優しさとお節介は

この後に違いが出てくるのかなって思う。

 

まずは優しさ。

優しいにはいろんなパターンがある。

 

例えば、元気になったAさんが

再び死にそうになった冒険に旅立ちたいと言ったなら。。。

 

死んでしまうかもしれないけどそれでもいいのか?

と聞いたり、心配したり、叱ったりするかもしれない。

 

でも、Aさんの気持ちを聞いて、

死ぬかもしれないこともわかりつつ

それもAさんの人生だし、Aさんが選んだことだからと

Aさんを信じてたくさんのパンを渡し

旅立ちを応援するのかなって思う。

 

次にお節介。

当然お節介にもいろんなパターンがある。

 

Aさんが冒険に行かないよう説得したり、

冒険に行っても死なないように

死なない安全なルートを調べて教えてあげたり

一緒について行ったりするかもしれない(笑)

 

死なない安全なルートなんて教えちゃったら

そもそも冒険にならないのだけど、

Aさんが死なないようにたくさんの手を打ったりする。

 

Aさんはもちろん死を望んではいないけど、

そうなった時はある意味仕方がない。

それもAさんの選んだ選択。

 

でも、お節介はそれを阻止しようとする。

Aさんが自由に未来を選択できないよう

お節介さんが良いと思う道(死なない道)に行かせようとする。

 

こんな違いがあるのかなって思うの。

 

優しさは愛をお節介は執着を生む!

 

優しさは愛を生む。

時には厳しいことを言ったり、突き放したりもする。

 

でもそこには大きな愛があって、

見捨てることはない。

 

傷ついて帰ってきたら、

傷を癒し、再び冒険に旅立てるように手を貸す。

 

お節介は執着を生む。

死なないようにさせることで、

Aさんに人生の選択をさせず、

優しさと言う仮面をかぶりつつ(>_<)

自分が良いと思う方向に導く。

これ全部無意識の行為ね(^▽^;)

Aさんもお節介さんも、

どちらもこの行為を優しさだと解釈しがち。

 

Aさんの感覚も、徐々にお節介さんは

自分の人生を決めてくれる人という認識になっていく。

しかも死なないよう

安全な未来を創ってくれるという認識。

 

冒険もせず安全に過ごせる心地よさを知ると、

そこから抜け出すことが困難になる。

ぬるめの温泉に浸かってるような感じね(^▽^;)

 

結果、Aさんはお節介さんに対し

これも無意識に依存するようになる。

これが執着。

 

Aさんは親離れできない子供のような感じ。

お節介さんは子供に自立してほしくない母親。

 

お節介という行為は、冒険家を子離れできない

執着と依存の人に育て上げてしまう可能性がある(>_<)

 

Aさんとお節介さん2人の間には

しっかりと相互関係が出来上がってて

周囲から見ると仲の良い親子だったりするけど、

なんかとっても不健全(^-^;

 

お節介は相手の自由を奪う行為になる!

 

お節介を求めている人に

お節介を与えたい人が

お節介するのはまだいいと思う(笑)

 

そこに執着があっても依存があっても、

双方がそれでいいのなら

それこそ自由だから(^-^;

 

でも、自分で人生の選択をしたいと感じてる人に

無意識の優しさと言う仮面をかぶったお節介を与えることは

単なる自己満足に他ならない。

 

これだけしてあげた。

と言う満足。

目一杯、自分がやれるだけのことはやったという満足。

全部自分の主観が正しいと思う流れの満足。

 

どんな人も、自分の人生は自分で創っていくもの。

仮に「創ってください」と言われても、

それを拒否することが優しさになるんだと思う。

 

あなたの人生はあなたのもの。

私に創ることは出来ません。と言える勇気。

 

人生を自由に創れる方法は伝えます。

人生を自由に創れる方法を知りたい人は

↑ こちらをクリック(^_-)

 

でも、それをやるかどうかはあなたの判断。

私には手出しできない範疇のことです。

 

こんなことが言えたなら、それは本当の優しさで、

そこには愛が生まれるんだと思う。

 

お節介さんには冷たい言葉だと感じるかもだけど

口に出すのが痛いかもしれないけど

未来を自由に創る権利を決して人から奪ってはいけない。

 

本当の優しさを手に入れたいなと思う。

本当の愛を生み出す人になりたいなと思う。

あなたはどう思う?

 

未来脚本には、本当の優しさに満ちた人が登場します(^_-)

ぜひ読んでみてね!

幸せを引き寄せる新刊「未来脚本」のご案内

 

【タイトル】
幸せ引き寄せストーリーSEASON2
未来脚本~美優のMIRAI~

【お値段】
電子書籍/660円
POD(注文発注の紙の本/ご自宅に送られます!)/1,430円

【Amazon販売サイト】
https://amzn.to/3hKyKlI
※本屋さんではお買い求めいただけません。

 

あなたのハートをキラキラにさせる

ライフチェンジコンサルタントの夢野さくらでした(^^)


あなたの願いを叶えるセッション

潜在意識を読み解くボイジャータロットを使って、あなたの願いを叶える、単発のオリジナルセッション。メニューは全部で5種類。一番人気は、ブロック解除&マインドリセットリーディング。願望達成コーチングの単発版セッション。今すぐ「詳細はこちら」をクリックして、内容を要チェック!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください