引き寄せや願望実現における「好転反応とは?」その意味と具体例について

潜在意識の書き換えを習慣化したら、

本当に願いが叶い始めた!

引き寄せ力が強くなった。

 

でも、でもでも・・・

良いことばかりじゃくて、

気分を害するイヤなことも増えた!

 

そう、これが好転反応。

願望実現の過程で必ず起きる

その証拠とも言える好転反応。

あなたも、もう体験済みかな?

だとしたら・・・

 

好転反応とは?

 

こんにちは、夢野さくらです。

今回は、私の専門分野である

好転反応」ついてのお話。

 

さて、引き寄せや

願望実現における好転反応とは何か?

あなたはちゃんと説明できますか?

 

好転反応とは、文字通り・・・

「好く、転じたときの、反応のこと」

ですよね・・・?

 

もともとは東洋医学の用語らしく、

病気が改善する過程で現れる

主に「身体的な反応」のこと。

 

それが好転反応の語源。

 

引き寄せの過程で好転反応が出たらラッキーと思え

 

実はこの好転反応という症状、

引き寄せで願望が実現する過程でも、

ちょいちょい現れる。だから、ややこしい。

 

ちなみに、私的に言うと・・・

引き寄せや

願望実現における好転反応とは?

 

急激な状況の変化に

ブレーキをかける

心の拒絶反応のことでもある。

 

まあ、それはともかくとして、

東洋医学にしろ、引き寄せにしろ、

ともに揺るぎない共通点が1つある。

 

その共通点とは・・・

状態の好転に、逆比例して、

必ず悪化したような症状が、

一時的に発生するという点だ。

この、一見矛盾するような、

症状が悪化したかのようなもの。

それが、好転反応の実態。

 

なので・・・

好転反応が起きた、

ということは、

 

治療にしろ、引き寄せにしろ、

状態は好転している

という証拠でもある。

 

だから、好転反応が出たら、

「ラッキー!」と思えってこと。

わかった? だから嘘でも

そう思って乗り越えてね。

 

好転反応の症状は、

願望実現中かどうかの、

一つの目安とも言えるものだから。

 

まずは、これが引き寄せや・・・

願望実現における好転反応の意味。

その基本認識1、ね。

 

引き寄せで願望実現すると、なぜ好転反応は起きるのか?

 

さて、次は・・・

人間の仕組みを知れば、

好転反応は乗り越えられるかも、

というお話。

 

たしかに好転反応は、

  • 状態・状況が好転している
  • 願望実現中か、どうか

その目安になると思う。

 

だから、ある意味で、

とても有難いものだとも言える。

 

ただね・・・

経験者なら分かると思うけど、

好転反応、とにかく辛いよね…(><;)

特に、モロに出てしまう人には。

この辛さを乗り越えるのが、

かなりの苦行とも言える。

 

もし耐えられない時は、

私のセッションを受けに来てね!

両手を広げて待ってまーーす!

好転反応リカバリーセッション

 

でも、そもそも引き寄せや

願望実現における好転反応って

どうして起きるのか?

 

実はそれを・・・

ちゃんと理解していると、

案外すんなり乗り越えられたりする。

 

でね、好転反応は、

なぜ起きるのかというと、

それには人間の

「↓↓↓ある仕組み」が関係してるの。

 

恒常性。

(難しい説明はここでは省く)

 

それは・・・

  • 自分のあり方を変えようとすると、
  • 思い込みを修正しようとすると、

今までとは違う自分になれるけど、

でもその一方で、それを阻止して、

「元の自分に戻ろうとする力も働く」

 

それが、恒常性。

 

例えば・・・

引き寄せで願望実現したい。

でも実現できてない状態というのは、

 

車のアクセルを踏みながら、

同時にブレーキも踏んでいる

例えばそんな状態のようなもの。

 

だから、そこであり方を変えて、

足をブレーキから外せば、

車は猛スピードで自然に走り出す。

 

でもね・・・

人間は恒常性の働きにより、

急激な状況の変化を嫌うので、

無意識に、またブレーキを踏んでしまう。

 

この、自分の心や体に、

強烈な負荷をかける「無意識の行為」

当然、物凄い反動が心や体に、

来ても不思議じゃないよね。

 

そう、この物凄い反動こそが、

「好転反応」と思ってもらえばいい。

 

つまり好転反応とは、

ブレーキを外して、

前に走り出したことで起きるもの

という理解でOK。

 

逆に言えば・・・

好転反応が起きていない

ということは、

自分は前に進んでいない。

 

つまり・・・

願望実現に向かっていない

と考えればいい。

 

そう思えれば、好転反応を、

少しは受け入れられると思うし、

乗り越える理解度も深くなると思う。

 

これが、引き寄せや

願望実現における好転反応の意味。

その基本原理、2ね。

 

引き寄せにおける好転反応の具体例

 

さて、引き寄せの法則を活用して、

願望を実現していこうとすると、

その行動を人間の恒常性が、

阻止するのはご理解頂けたと思う。

そしてそれは、恒常性のもつ、

本来我が身を守るための働きだけど、

願いが叶う、その変化を止めようとする

好転反応である場合も多い。

 

ここではその具体的な例として、

  1. 感情
  2. 状況

 

3つの角度から、願望実現の変化を

ストップさせようとする好転反応を

簡単に説明しておく。

 

①体に現れる好転反応

 

主に体の痛み、だるさ、重たさ、

発熱・発疹、眠気などを通じて、

物理的に行動意欲を削ぐような

苦痛を伴う好転反応のこと。

例えば、歯であれば、

長く続く知覚過敏や歯肉炎。

耳ならば、強烈な耳鳴りなど。

 

特に、その人の弱いところに、

症状が出やすい傾向がある。

(関連記事)

【好転反応の症状例】体に出るパターン

 

②感情に現れる好転反応

 

主に不安、怖れ、苛立ち、自己否定感、

諦め、怒り、無気力などを通じて、

精神的に行動意欲を削ぐような

負の感情を伴う好転反応のこと。

例えば、不安になって、

自己否定感がつのってくると、

決まって、自分に対して

ネガティブな言い訳をし出す。

 

どうせ願いなんか叶いっこない。

行動してもどうせ失敗する。

そうした自己暗示をし出す傾向がある。

 

③状況に現れる好転反応

 

主にお金持ちになりたい。

でも反対に貧乏になる。

仕事で成功したい。

でも失敗ばかり繰り返す。

 

応援してほしい人に限って、

自分の行動をストップさせる。

 

作家としてデビューしたい。

でも企画書段階でまた却下される。

 

こうした状況の悪化と感じ、

本人がその状況悪化のせいに

あえてするケースが多い。

 

以上が、好転反応の簡単な具体例。

でも・・・

 

↓↓↓具体例や対処法をもっと知りたければ、

【潜在意識】好転反応の具体例と対処法!

という『私のアメブロの記事』をチェックしてみて!

 

ただし、いずれの好転反応も、

その願望実現を阻んでいるのは、

外部の敵ではないからね。

 

本当に向かい合うべき敵は、

自分ってことを理解してほしい。

あなた自身の、

「努力したって、どうせ何も変わらない」

という、自己否定感が、

最大の敵ってわけ。

 

そしてこれもよく聞く話だけど、

人を変えるのは難しい。

でも自分で自分は変えられる。

 

だからこそ、

引き寄せにおける好転反応の意味を、

正しく理解して、腑に落としてほしい。

 

その上で、少しずつ少しずつ

好転反応を越えていこうね。

 

かく言う私なんぞ、

今でも長い長い好転反応と

賢くお付き合いしながら、

日々願望実現の道を歩んでいる次第。

 

それでも、もし何かあれば、

その時は迷わず、私に会いに来て!

 

好転反応のスペシャリストとして、

あなたのため一肌脱ぎましょう。

 

ご提案の内容は、

好転反応リカバリーセッションとなります。

詳しくはこちらをクリック。

好転反応リカバリーセッション

 

 


あなたの願いを叶えるセッション

潜在意識を読み解くボイジャータロットを使って、あなたの願いを叶える、単発のオリジナルセッション。メニューは全部で5種類。一番人気は、ブロック解除&マインドリセットリーディング。願望達成コーチングの単発版セッション。今すぐ「詳細はこちら」をクリックして、内容を要チェック!!