【人間関係の悩み】どうしても嫌いな人は嫌いなままでいい

ずいぶん前の話だけど、

ツイッターの投稿を見て、

本当にそうだ! と思ったことがある。

 

それは、

人間関係によくある悩み(^-^;

 

自分の問題と相手の問題を

ごちゃ混ぜにしちゃってるなぁってこと。

 

自分と相手の間に存在する境界線

 

ツイッターの投稿が

どんな内容だったかといえば・・・

 

投稿者の友達は帰国子女(^^)/

で、その帰国子女の人に、

知り合いの人がこう言った。

 

「○○さんが

あなたのこと嫌いみたいだよ」

 

その時、帰国子女の人はこう答えた。

「私に言ってどうすんの?

それは私の問題じゃなくて、

向こうの問題」

 

素晴らしい答え。

本当にその通り!!!

 

誰かを好きになるのも嫌いになるのも、

好きとか

嫌いとかの感情を

抱いた側の問題であって、

抱かれた側には何の関係もないから。

 

日本人はよく、特に女子は、

時々こういう全く意味のない

謎のお知らせをするよね?(笑)

 

こういうことを言う人って、

親切心で言ってるのかな?

それとも、意地悪で言ってるのかな?

 

たぶん本人は親切心のつもりだろうけど、

完全に余計なお世話です(笑)

 

嫌われた側に落ち度があるという考え方

 

こんなバカげたお知らせ(笑)が

成り立つ背景とは、

誰かに嫌われたら、

嫌われた側に問題があるという

考え方から生まれてる。

 

嫌われた側は、

嫌った人に対して、

好きになってもらえるよう

努力する必要がある。

 

だから、告げ口のようなことが

平気でまかり通ってしまう(^▽^;)

 

でもこれ、

この世(宇宙)の仕組みからすると

めちゃめちゃズレるんだけどわかる?

 

※この世の仕組みは

人生激変(願望達成)コーチングで

お伝えしてます(`・ω・´)ゞ

詳細はこちら >>>

 

嫌いな人はメッセンジャー

 

自分の現実は

自分が出したものが戻ってくることで

創られるんだよね?

 

その際、人づてに聞いたことは

自分の現実という範疇からは除外される。

 

そうじゃなかったら、

地球の裏側で行われている戦争すら、

自分が創った現実ってことになるでしょ?

 

たった一人の人間が、

そんな大それたことできるわけないじゃんねぇ(笑)

 

自分が出したものが自分の現実を創るなら、

嫌いな人がいるという現実は、

誰かを嫌いになった人が出したものに原因があって、

嫌われた側には何の原因もない。

 

嫌われた人は、嫌いな人に対し、

ここ、修正していこうね!

ということを伝えに来た

メッセンジャーに他ならないから。

それは相手の問題です!

 

人間関係に悩みを抱える人は、

大抵自分の問題と他人の問題の間に

ちゃんと線引き(バウンダリー)ができていない。

 

バウンダリーに関しては

こちらの動画で詳しく解説してるので、

よかったらご覧ください(^^)

【人間関係の悩み】人と人との境界線!

 

話を戻して・・・

相手が自分を嫌いでも、

それは相手の問題であって、

自分の問題じゃない。

 

例え誰かに嫌われても、

嫌いだというエネルギーは、

エネルギーを出した本人に戻るだけで、

嫌われた側には何の影響も与えない。

 

ただし、嫌われていることを気にしたり、

好かれるために何かの行動をしたりすると、

そのエネルギーが自分に戻るから、

目の前の現実に影響を与えてしまう(>_<)

 

人間関係の2×6×2の法則

 

未来脚本でも書いたけど、

人間関係(だけじゃないけどw)には、

決して変わることがない

2×6×2の法則

というものがある。

未来脚本は、お近くの本屋さんか、

こちらの販売サイトからご購入できます!

未来脚本Amazon販売サイト >>>

 

人間関係の2×6×2の法則とは、

知り合い全体の中の2割は

自分が何をしても自分を大好きな人。

 

反対の2割は、

自分が何をしても自分を嫌う人。

 

残りの6割は、

その時その時で変わる人。

という法則。

 

これは、知り合いの数が増えても一緒。

 

知り合いの総数が100人の場合は

20人に好かれ、

20人に嫌われ、

60人はその時その時で変わる。

 

知り合いの総数が1,000人になった場合は、

200人に好かれ、

200人に嫌われ、

600人はその時その時で変わる。

 

これはこの世の法則のひとつなので

変えることは出来ない。

 

つまり、

何をしても何もしなくても、

好きでいてくれる人は

好きでいてくれるし、

嫌う人は嫌うってこと(^-^;

 

これは自分の問題ではなく、

相手の問題であって、

さらに法則でもあるから

どうすることもできない。

 

だから気にする必要がない(笑)

 

今自分を嫌いな誰かに対し、

一生懸命好かれる行動をして

その人から好かれたとしても

他の誰かに嫌われるだけ。

えっ?!

私を好きな人が

増えるんじゃないの?!

 

そう思いたいけど、

2×6×2の法則は一定数の法則だから

そうならないんだよねぇ(笑)

 

嫌いな人がいてもいいんだよ!

 

どうしても苦手な人がいて、

なのにその人に、

何が何でも自分を好きになれ!!!

って言われたらイヤだよね?

言われてなれるものじゃあないし(笑)

 

あのね、人を嫌うことが

ダメなことじゃないんだよ。

 

苦手な人がいても当たり前。

それでいい。

だって法則だから(笑)

 

人を嫌ってはいけません!

なんていうけど、

そんなの無理だよね(笑)

 

だって人間なんだもん。

好みってあるじゃん?

 

一緒にいて心地いい人もいれば、

居心地の悪い人もいる。

合う人と合わない人がいるのは当然のこと。

 

一番やってはいけないのは、

  • 嫌われたくなくて自分を押さえつけること。
  • 嫌われたくなくて相手に合わせること。
  • 嫌われたくなくて我慢すること。

 

これは、

相手を自分の思い通りにできるという

思考の土台があるから出てくる危険な発想。

 

相手をコントロールしようとする

エネルギーになる。

 

なぜなら、

私はあなたに好かれるために

こんなに自分を押さえている。

 

私はあなたに嫌われないために

こんなにあなたに合わせている。

 

私はあなたに好かれるために

こんなに我慢している。

 

だから私を好きになれ!!!

嫌うなんて許さない。

今すぐ心を入れ替えろ!!!

っていう命令と同じことになるから(^_-)

 

相手の心は相手の好きにさせる。

そこをコントロールすることは出来ない。

 

自分が出したものは自分にだけ返ってくる。

 

相手が出したものは相手に返るので、

自分に影響を与えることはない。

 

自分と自分以外に線を引こう。

自分の問題と相手の問題を

一緒にしない思考を持とうね。

 

具体的に何をすればいいのかわからない場合は、

私に聞きに来てねぇ(^_-)

 

夢野さくらに聞く!

ご相談窓口(笑)


あなたの願いを叶えるセッション

潜在意識を読み解くボイジャータロットを使って、あなたの願いを叶える、単発のオリジナルセッション。メニューは全部で5種類。一番人気は、ブロック解除&マインドリセットリーディング。願望達成コーチングの単発版セッション。今すぐ「詳細はこちら」をクリックして、内容を要チェック!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください